文字色変更

 昨日、Amazon.co.jpに注文してあったハリー・ポッターの最新刊「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が届きました。

 が、読み始めてしまったダ・ヴィンチ・コードを読み終わらないうちは、おあずけです(;´д⊂)
 というわけで(どういうわけだ?)、昨日から読み始めた「ダ・ヴィンチ・コード」(ダン・ブラウン著、角川書店)は中巻に突入しました。やっと導入部が終わったというところでしょうか。謎が謎を呼んで物語が膨らんできました。わくわく。

 ところで、トップページのブログのタイトルがデフォルトではゴシック体なんですが、なんとなく、「一片氷心」という言葉とゴシックって合わない気がして、ちょっと気になってきました。このウェブリブログにブログをお持ちのかたはお分かりと思いますが、ここはCSSの設定を編集してカスタマイズすることができます。そこで、トップのタイトルを明朝体に変更してみました(MS P明朝のフォントが入っていないPCでは、依然としてデフォルトの書体が使われます)。

 で、スタイルシートの設定をいじったので、ついでに背景色をトップページの金魚の色に合わせてみました(5月26日追記:記事ページにいろいろなテンプレートを使い出して、背景色の指定が邪魔になってきたので、現在は削除してあります)。すると、右側に表示されている備忘録の文字色も同じ色にしたくなってしまいました。が、FONTタグで色を指定すると、個別記事での表示まで金魚色になってしまい、淡色の背景では読み難すぎます。トップページに表示されるときだけ文字色を変える方法はないかなあ。CSSの設定項目にトップページに関するものがあるので、できそうな気はするんですが、どうにも判りません。

 しかたがないので、非常に泥臭い気はしますが、JavaScriptを使うことにしました。現在のURLを取得して、トップページなら備忘録欄の文字色を変更します。JavaScriptをかじったのって何年も前なので、すっかり忘れてしまっていて試行錯誤しましたが(←昨夜、文字色がコロコロ変ったり、「test」っていう文字色変更ボタンが表示されていたり、テスト用文字列が表示されたりしてお見苦しくなっていたことの言い訳ですw ローカルではちゃんと動くスクリプトが、なぜかフリースペースでは働かなくて(涙))、なんとか所期の目的を達成。

 現在はトップページのみ、備忘録欄の文字色が金魚の水色になっていると思います。いかがでしょうか。なお、当然のことながら、JavaScriptが実行できないPCでは、文字色は変更されません。トップページ、記事ページとも、FONTタグで指定したオリーブ色で表示されます。

 凝り出すと丸ごと変えたくなってしまって止まらなくなるので、今回はこの辺で終了。そんな些細な変更、誰が気付くんだ、というツッコミはなしの方向でヽ(;´д`)ノ


ダ・ヴィンチ・コード(中)  Amazon.co.jp

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ダ・ヴィンチ・コード』 カンヌで不評

    Excerpt: Tom Hanks カンヌ映画祭でのオープニング上映に先立って、報道関係者向けに映画 『ダ・ヴィンチ・ コード』 が上映されたが、エンドロールの最中に拍手が一切なく、代わりにやじが飛ぶ� Weblog: ハリウッドセレブ★最新情報 racked: 2006-05-18 17:08
  • ハリー・ポッターと謎のプリンス

    Excerpt:  「ハリー・ポッターと謎のプリンス」読了。 Weblog: 一片氷心 racked: 2006-05-30 00:23